美容整形の失敗 > 美容整形で修正が必要なら
美容外科の修正専門には要注意!! 美容外科のホームページにある修正専門、修正外来の真実。 本当に修正専門という言葉に頼って大丈夫か!?

決死の思いで受けた美容整形の手術。でも失敗した!修正するなら最初に受けた美容外科?それとも修正専門としている美容外科?次は絶対に失敗したくない。慎重になるのはだれでも当たり前。
修正を専門としているホームページは本当に大丈夫!? 実はここにも大きな落とし穴がある。基本的に修正を専門としているクリニックなどははなから存在しない。なぜ?修正のホームページを立ち上げているクリニックがあるのか?理由は簡単。単に集客するためのコンテンツだからです。
修正専門技術が高い」という印象を与えることを目的としたなんとも如何わしいイメージ戦略なんです。本来であれば修正手術は非常に困難なもの。それを修正が得意だからと簡単に斡旋している医師に技術なんてないと考えてよい。

修正を専門として外来は存在しない!
修正外来というのは自分たちのクリニックで適当につけた呼称。実は別段専門という訳ではないのである。修正外来を表示するメリットとしては2つ。ひとつは修正専門外来ということで専門っぽいイメージ=高度な治療のイメージを植え付けている。もうひとつはSEO対策に有効なのである。(鼻の修正など特別なキーワードで上位に表示させるための手法) これらのことから修正専門というのは客寄せのためのキーワードであり、ほとんど意味をなさないと考えて良い。というよりもむしろ逆のことが多い。修正専門とあっても技術は並から並以下。実際には修正を多く手掛ける医師、高度な技術を持つ医師は自分たちで「修正専門」などを客寄せのための手法は用いるはすがない。集客に必死なクリニックと考えるほうが妥当である。

修正はどこで受けるべきか?

修正を受けるのはどこで受けるべきなのか。最初に整形を受けた美容外科?それとも新たに探すべきか?基本的には最初に整形手術を受けた美容外科で受けるべきというのが正論なのである。しかし、その美容外科がもともと技術的に問題のあるクリニックなら話は別。

修正に対する考え方
●基本的な技術が高いクリニックなら、最初のクリニックで受けるべき
●もともと基本的なベースの低い医師なら、別のクリニックに変えるべき

この見極めは非常に難しい。どんな経験豊富な医師であっても生身の人間を扱う以上、想定外のことは起こりうるもの。受ける側からは絶対に避けたいことだがこればかりは仕方ない。

医者の経歴に騙されない

医者の経歴の見方
相談する

注目コンテンツ 悪い医師の見抜き方 紹介センターの落とし穴 失敗しないために、セカンドオピニオンの重要性 その整形、STOP
当サイトについて
美容整形トラブル110番はクリニックの紹介センターではありません。現実に引 き起こされた整形の失敗やトラブルの情報を収集し、これから整形を受けようを している人たちへの啓蒙、実際にトラブルに合われた方への対処法、必要に応じ て救済をおこなっているwebサイトです。 医師の技術やクリニックの評判について聞かれることが多いのですが、中立の立 場で運営するポリシーなのでクリニックの紹介、クリニックの情報を聞かれても お答え致しかねます。予めご了承下さい。
TOPページへ個人情報に関する事項運営者
Copyright(C)2000-2012 syoei Co.Ltd All Rights Reserverd.